2009年12月20日日曜日

マリと子犬の物語

今日は波がスモールだったので

家でリラックス。

そして、マリと子犬の物語のDVDを見て

号泣・・・・・。

スゲー感じた事は、いつ何が起きるか分からないって

事と、家族の大切さ!!!!

一番心を打たれたのは陸上自衛隊の存在。

大きな心を持って、今まで以上に生きて行きたいと思った☆

映画もすごくいいですね。

その様な、熱い心を持っている人間が日本、世界にはいるんだと

思うと、毎日見ている暗いニュースなどが、すっ飛ぶね^^。

すべてにありがとう・・・☆

2 件のコメント:

  1. 今晩は、私たち一般のサーフィーがプロサーフィーの人たちから感動をもらうのも、日常では経験することのない波乗りの世界を、みさせてもらう事ではないでしょうか?

    それはヤハリ、冬のハワイノースではないでしょうか?
    年明けにノース入りするマサトプロも私たちに感動を与えるショットをまってます。

    追伸* 森君は、仕事で来年の二月頃まで八王子にいるみたいです。
                    隠れ鴨川ファンより

    返信削除
  2. コメント頂きありがとうございます。

    確かに雑誌などでいい写真が掲載された時の、周りからの

    反響はとても嬉しいものがあります。

    僕がプロとして生きていこうと決めたのも、前人の人達を

    リスペクトする気持ちからのもの・・・。

    人間の強さ、自分の根性、やるかやらないかの意味合い、

    その様な前向きさなど、愛を表現できる物!!!。

    それを表現するには、自分はこれだと決意したプロサーフ

    ィンです!!!

    今年は本当に危なかった年で、生きていれる幸せを心の

    底から実感した年でもあります。

    さらにさらに、大自然の偉大さを尊重し、最高な瞬間を

    残しながら、成長して行きたいと思います。

    気合の入るコメントありがとう御座いました☆

    楽しむ事を第一に、年明けから空を飛んできます。

      ☆綺麗な写真を楽しみにしていて下さい☆

    返信削除