2011年3月16日水曜日

HAWAII☆DAY23&24

PIPELINEで、ここ一番の強烈なワイプアウトをした。

サイズは5feetくらいだったけど、掘れ方とパワーが純情

ではなく、それに海面に落ちる時の衝撃がとても危険。

しかし、このプロセスが自分を強くさせる事になる!!!。

そして、この経験が次のステップの励みになるからだ。

順調にトレーニングを終えてVOLCOM HOUSEへと戻り

着替えていたら、「JAPAN TUNAMI HITs」の一報を耳に

し、PIPE HOUSEのリビングにて皆、TVニュースに衝撃・・・。

タイ・バンダイクの一言、俺に向かって家族と連絡は取れた

かと・・・。だが電話はつながらずその現実に息を呑んだ・・・。

その晩、ハワイに津波警報が流れ出し、ノースショア全体が

騒然とし始め、ある者はガソリンを入れに、あるものは荷物を

車に詰め込み、状況は完全に映画の“2012”状態でした!。

マジかよって想い始めた俺は、非難する準備をはじめそして、

必死に皆の後に続き、その晩はププケアの山にあるローカル

(ジョナ)の家に泊めさせて頂く事になり、まずは一安心。。。

だが、電話はまだつながらずに夜がふけて行きました!!!!。

朝になり、HOUSEに戻れるかと思いきや状況は深刻で、道路

規制がお昼前くらいまで続き、ププケヤからフードランドの道に

出ることが出来なく、家族と日本のことが気がかりでたまらなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿