2011年6月30日木曜日

☆NATURAL☆


今日もホームグラウンドで、サーフィンの練習をした。

夕方になると雷雲が近づいてくるのが、空を見渡すと感じ

とれた。気圧もぐっと下がってくるに連れてどんどん雷が

近づいてくる予感がしたので、ゆっくりと海から上がる事に

しました。すると、見事に一人残らず続々と海からあがり

、海の中には誰もいない状況になりました。その瞬間に雨

もすごい勢いで降り注ぐ状態に・・・。わずか10分くらい

の間だったけど、大粒の雨があがった後にはマイナスイオン

を含んだ空気が海辺に広がり、恐怖と癒しを感じた。雲の間

からは、薄青い空が顔をのぞかせながら夕焼けを奏ではじめ

、すごくゆったりとした時間を感じたいつもの海の家がある。

波の方は小さくて、メローな感じでした。最近は海がとても

穏やかなので、海面は面ツル状態でしたよ。

雷が通り過ぎてからサーフィンを楽しんでいたサーファーも

いました。やっぱし海に長い時間いることで波の質感など、

色々とインスピレーションが沸いてきて、イメトレにもなり

ますし、コースチェック見たいな感じのところもあって『

明日はあの練習をしよう!』などと次に繋がるものを与えて

くれています。何を伝えたいとかは特に無く、今は自分が

感じたままにBLOGを書いている・・・・。

ただただ思うことは大自然の力とスケールに魅了なれている

事。そして毎日違う波、常に状況は変化する、そんな所により

ハマりつつある。サーフィンは月日を積むごとに、何かに気づ

かされる感覚をも芽生えさせてくれる。一瞬一瞬がある事に、

      

      ☆感謝の気持ちを膨らませたい☆

0 件のコメント:

コメントを投稿