2011年7月25日月曜日

VQS




















深夜2時に、四国は生見海岸にて開催された“VQS”から

鴨川へ戻って来ました!。結果の方は、準々決勝で敗退。

チームVOLCOMの若手アップカマー加藤嵐、そして今年

クイックシルバーに移籍した若手の高橋健人、必ず次は

やっつけたいと思います。今思えば昨年のVQSに出場し

た頃よりも、頭の怪我の状態、メンタル面はより復活して

いると感じました。何より今回、特に進歩した部分があり

、試合運びなど繊細な部分が見えてきた感じがあったの

で、また今週末に開催される愛知県の大会で、今回学び

返せた部分をしっかりと取り入れた戦いを実戦して見たいと

思っています。本当に繊細な部分、しかし大きな事に繋がる

物事なので、良い結果を目指して試合をするのが楽しみです☆。

今回の“VQS”はとても波も恵まれました。そして外国の雑誌の

撮影で、なんとデーン・レイノルズ、コロヘ・アンディーノ、ヤディン

・ニコルなどの世界最高峰のSURFER達と、偶然に居合わせて

セッションに参加できた事など、未知な体験をする事も出来ました!。

世界最高峰と言っても、自分のスタイルを恐縮させる事無く、己を

貫抜き、全開でチャージして行きたいと感じますね。

まだまだこれからじゃ~~♪!!!!!。

そして、また今回の大会でもらった沢山の応援をバネに、努力を

忘れる事無く、活動して行きたいと思います☆。

最後に“VQS”ファミリーに感謝の気持ちを送りたい。

最高に、最高に、最高だった!。

みんな本当に楽しい時間をありがとね~♪。

PS//また次回、頑張ります☆。

0 件のコメント:

コメントを投稿