2011年10月4日火曜日

JPSA弟5戦目を終えて....


【結果報告】

JPSA第五戦 17位 800ptをGET!!!!!。

詳しくは、JPSAオフィシャル・サイトにて御覧になれます。

今回も茨城での開催とあり、それに加え目的地(とっぷさんて)
へ向かう途中に、震度5強(福島)の地震が発生するなど
と、過酷な状況の中の大会だったと思います。

目的地に到着すると、激しく歪んだ防波堤、また福島から流れ
着いたと言う漁船などを目にし、震災、津波、その凄まじさ
に改めて、心を動かされました。

大会一日目を終え、翌日に備えるために鉾田市内の温泉施設
を探した僕は、到着した時のその光景に目を疑った。

今まで運営されていたであろう温泉施設には明かりは無かった。

隣の施設の方に聞いて見たところ、やはり震災の影響の為
やっていないと言う話だった。

街中を車で走っていると、道路状況もあまり良い物ではない。
以前の大洗大会の時に利用していた銭湯を知っていたので、
そちらに向かい、お湯で身体を洗えた時はホッと致しました。

放射能問題など、様々な問題が問われている中、そこに近い
地域でのサーフィン、周辺エリアでのサーフィン大会を行う
事に、もちろん抵抗を感じないはずはない。

    『神様は乗り越えられない壁は与えない』

しかし僕は、このJPSAコンテストに出場して、たくさん心に
感じることがありました。

JPSAの情熱、そこで仲間達と共に、大好きなサーフィンが出
来る事、皆、色々な考えを持っていると思いますが、僕はとて
も素晴らしい大会だったと感じています。

とくに、大会初日の波は一生の思い出になるほどのコンデション
でした。ビーチブレイク4feetは軽くあり、とてもハードな状況
の中、僕はビックセットを捕まえ、一本目は一発で5.0ポイント
と言う大きな自信を頂けた事、そして二本目は8.35ポイントの
ライディングを披露することが出来、また、そのHEETは25分の
間でしっかりと二本をまとめる事に成功でき、海から上がって
た時は、ギャラリーの皆さん、仲間達から笑顔と拍手を送って
もらえた時は本当に、本当に嬉しくて晴れやかな気持ちを頂け
ました。

あまり口にしたくは無いけれど、頭の大怪我をしている僕にでも
、選手として少しはSURFINGに貢献できていれば、またそれで
少しでも皆のサーフィン魂に炎をともせられて、日本のサーフィ
ン・シーンが盛り上がり、また海外で戦ってくれている日本人
ライダー達にも、もちろん東日本復興にも、ちからになれたら
いいなと思っています。

伝えたいこと、言いたいことがありすぎて上手く文章が書けない
けれども、何事も『あきらめるのは本当に簡単な事』だけど
あきらめず、その道を全力で立ち向かった時、神様は大きな力と
、喜び、幸せまでも与えてくれると僕は実感いたしました。

本当に、心から東日本復興、また逸早い、原発問題の収束を僕は
願っています。また、そうして行きたいと思います。

最後に、とっぷさんて大会期間中のビーチクリーンもとても素晴
らしかったです。見る見るうちにビーチが綺麗になり、まだまだ
だけれども、復興その物に向かっているなぁ~と感じました。

いつも応援してくれた皆様に、感謝の気持ちを送ります☆。

PS//今週末、宮崎で開催されるASP HYUGA PROに出場します!。
大会期間中は、ツイッターにて色々な事をツイートするので、
そちらも、是非、チェックしてみてくださいね♪

  ☆みんなの心暖かい応援を、心よりお待してます☆

1 件のコメント:

  1. WQSお疲れさまでした☆
    人違いで将人くんとお話した事をあきらさんに話したら大ウケでした(笑)失礼しました(*´艸`*)

    返信削除