2011年6月30日木曜日

☆NATURAL☆


今日もホームグラウンドで、サーフィンの練習をした。

夕方になると雷雲が近づいてくるのが、空を見渡すと感じ

とれた。気圧もぐっと下がってくるに連れてどんどん雷が

近づいてくる予感がしたので、ゆっくりと海から上がる事に

しました。すると、見事に一人残らず続々と海からあがり

、海の中には誰もいない状況になりました。その瞬間に雨

もすごい勢いで降り注ぐ状態に・・・。わずか10分くらい

の間だったけど、大粒の雨があがった後にはマイナスイオン

を含んだ空気が海辺に広がり、恐怖と癒しを感じた。雲の間

からは、薄青い空が顔をのぞかせながら夕焼けを奏ではじめ

、すごくゆったりとした時間を感じたいつもの海の家がある。

波の方は小さくて、メローな感じでした。最近は海がとても

穏やかなので、海面は面ツル状態でしたよ。

雷が通り過ぎてからサーフィンを楽しんでいたサーファーも

いました。やっぱし海に長い時間いることで波の質感など、

色々とインスピレーションが沸いてきて、イメトレにもなり

ますし、コースチェック見たいな感じのところもあって『

明日はあの練習をしよう!』などと次に繋がるものを与えて

くれています。何を伝えたいとかは特に無く、今は自分が

感じたままにBLOGを書いている・・・・。

ただただ思うことは大自然の力とスケールに魅了なれている

事。そして毎日違う波、常に状況は変化する、そんな所により

ハマりつつある。サーフィンは月日を積むごとに、何かに気づ

かされる感覚をも芽生えさせてくれる。一瞬一瞬がある事に、

      

      ☆感謝の気持ちを膨らませたい☆

☆スタイル☆


地元鴨川で2ROUNDサーフしてから、GYMでトレーニング。

波が最近で一番小さかったから、GYMで身体を動かして気持ち

良かったです。PRO SURFERの中にはトレーニングをする人と

そうでないと言う人に分かれるけれど、絶対に嘘ですね!。

その話はいいとして、サーフボードについて少し書いてみる。

サーフボードはモデルやタイプによっても全然違う。

特に国によって本当に、乗り味と意識までもが変わってくる。

僕は契約スポンサーがあり、今はアメリカ・カリフォルニアの

『PROCTOR SURFBOARD』を使用している。ご存知の方もい

いると思います。これは僕自身が求めている“スタイル”の

サーフィンをするため、また、目指すために選び抜いたSURF

BOARDです。実際に使用してからは、求めていたムーブが予想

していた通りにマッチしている。まだまだ怪我の違和感がある中

にしては、自分的にフリーサーフィンに対しては上出来です。

ここで満足している事はまず無いですけど、一歩一歩、前進でき

ているし、身体の調子も良い方向にゆっくりと進んでいると信じ

ている。ここで、また1つ、油断と焦りには気を配って進みたい。

そんな時に自分をプッシュしてくれるのが、やはりSURF BOARD

なんです。言いたい事はサーフボードのモデルやタイプを生かす、

また試す、そんな事が自分に新しい刺激を与えてくれて、発見、

閃きなど、そこからまたモチベーションを上げられたりする事が

ある。これがすごくサーフィンを愉しく上達させてくれて、前に

む事に繋がり、自分の波乗り意識の幅を広げられる事に、改めて

感じました!。もちろん一本のサーフボードを愛し、隅々まで

知り尽くす事が最優先です。だけどF1も雨が降ればタイヤも変

える。そして、何度も何度もそれぞれの部品を試し調整する。

もちろん国によってマシーンのエンジン性能も違う事は言うま

でも無い。忘れてはいけないのがドライバーが操るって事となる

けれど、マシーンの調子で涙を飲むシーンは良く目立つかも!?。

それだけ良いフィーリングを得るにはSURF BOARDって大切

なんだとアピールしたいと同時に、そこに秘められた物がある

事を伝えたいと思っております☆。

2011年6月28日火曜日

☆NONKEYsurf&spots☆


今日と言う日。実家は鴨川市横渚、駅裏のジャスコ付近にある

(お好み焼き屋・花福)に立ち寄り、その後、何時も通りのルー

ティーンでNONKEYへと向かった。夏日の暑さでほってた身体を

癒そうと、NONKEYのお店の中でオーナーであるHALさんと最近

の様子など色々な世間話しをしていました!。ハルさんは僕が

子供の頃からずっとサポートしてくれている、すごく重要な存在。

今年でざっと、20年間もお世話になっている。

本当に色々な時期があったけど、今も変わらない愛情を頂いている。

 今日は、話の途中で思い切って自分の将来について相談した。

結論、、答えは、“今やるべき事を頑張る”すごく親身に暖かく

、優しい言葉を掛けてくれた。今考えてみると、ハルさんは出会

ってからのあいだ、変わらない心で接してくれていて嬉しい。

お店も毎日営業するし、子供の頃は沢山大会にも連れて行って

もらい、今の自分のベースを作ってくれたそんな存在です。

昔はよくタバコの御使いもしていたし、懐かしい思い出だらけ。

いろんな意味、目に見えない部分も含めて尊敬心でいっぱいだ!。

そんなハルさんと今日は一緒に波乗りをしていたんだけど、通風

などを乗り越え、すげーSURFINGに燃え、熱いライディングを

している姿をみさせてもらった時、胸の奥の深~い所で自分と

言う存在がどうこれから先、生きて行くべきなのか?そんな

道筋を、波乗りを通して教えてもらった気がいたしました☆。

ひとつだけ人生で後悔している事があって、それはボーイズ

時代にハルさんからもらった金ネック、大会の遠征先の銭湯で

パクられた事!。マジで盗んだ奴を俺は許さ・な・いです!!。

本当に、今ある現状に感謝し、自分に出来る範囲の事を楽しむ。

そして、NONKEYライダーとして沢山貢献できるように頑張り

ますので、鴨川へお越しの皆様、これからもNONKEYライダー

渡辺将人を応援の程、宜しくお願いします。


また週末、最高に最高な場所でお会いしましょう^^☆。

2011年6月27日月曜日

☆DAY BY DAY☆


今日は朝、河口でSURF!。波のサイズは腹~胸で朝から

ローカルセッションとなっていた。プロサーファー&レジェ

ンドそれに若い世代でハイペースの中に、ビジターや初心者

が混じり、平日ながら混雑していた。何回も危ない状況を交

わしながらライドしている中、調子に乗っていたロングボーダー

がついに、手を出してはいけない波にパドルインをし、奥から

ワンラインで滑ってきたベテランのレジェンドの前に板を捨て

、足のすねに大ヒットしてしまった!。自分はゲッティング

していた最中だったが海の中に広がった鈍いクラッシュ音は

聞き捨てならぬ思いでいた。まるでサーキット場に子供が進入

し、慌てておもちゃの車を乗り捨てて行くみたいな状況だった。

自分が他の国のヘビーポイントにコンテストなどで遠征にいった

先々は、本当に甘くないのが現状でいくら日本代表であろうが

なんだろうが現場には、そこの地の流れがあるもので天から地へ

と叩き落とされる。そんな苦い経験をなんども何度も繰り返して

きている。そんな時は時間を調整して見るとかして来ている。

このブログを読んでくださっている皆さんは分かりきっている

話で確実に自分のポジションを持ちSURFを楽しまれていると

思いますが、無神経にチャージしてくるSURFERが僕には信じ

られない!。まぁそんな状況も、ある意味その方々に学ばさせて

頂いていますが、逆にこれからの時期は混雑してくるはずな

ので、上手に交わして『I LOVE ALL!!!!!』、すべての

状況をプラスに考えて愉しく波乗りをして行きたいですね☆。

2011年6月26日日曜日

☆arigatougozaimasu☆

今現在、僕の事を応援してくださってくれている方々の

声は、すごく心に響く物があります。『ブログ、毎日の

仕事の後の楽しみにしているよ!』。今日は、そんな暖

かい声で笑顔を与えて頂けた幸せな一日でした☆。

ある方は、スマートフォンで誰かのBLOGの写真を真剣な

眼差しで眺めていたり。人が人に与える影響力ってすごく

大きくって大切な物なんだと改めて感じさせられました!。

今、そしてこれから自分には、『何が出来るんだろう!?』

そんな事を率直に思っています。

原発問題に足を踏み入れる事もできない。

日本経済を大きく好転できる訳でもない。(思いはあるけれど)

今この瞬間、自分には何が出来るかと考えて見る・・・・。

一番初めに頭に浮かんだ事は、『この時をどの様に生きてい

るか?、また感じているかの表現!!!!』。

二番目は、『それを表現して皆さんと繋がり供に歩む事』。

三番目は、『自分のすべての表現だったり、現在進行形の

“渡辺将人”【PRO SURFER】としての成長の物語など』。

簡単に言ってしまえば、人生のすべてを表現するべきなんだ

と思い始めて来ました。この中の限られた人達(皆様)に対

してどこまで一人の心を打つ事が出来るか!?。またBLOGを

開いて頂き、僕の人生の成長を楽しんで頂けるか!?。

ここまで来るとどれだけ自分、そして人を愛せるかになって

来るんですね^^☆。今日はたった一人の方のお陰で、ここ

まで進んでくる事が出来きました☆。

これからも人生を繋ぎ、過去の発言を実行する事に専念しつつ、

何より自分が心踊る事を求めて、愉しくブログを続けて参りた

いと思います。

やるべき事に集中して、成長できる様に頑張らせて頂きます☆。

ありがとう御座いました♪

2011年6月23日木曜日

☆wasurerunakare☆

マジで日本の心♪

最高~っス♪

2011年6月21日火曜日

☆NSSA☆


40th ALL JAPAN UNIVERSITY

SURFING CHANPIONSHIPの審査員(ジャッジ)として
先週末、18日(土曜日)19日(日曜日)そして20日
(月曜日)に、千葉県の千倉海岸にて過ごさせて頂きました☆

 僕自身、鴨川第一高等学校時代にNSAジュニアクラスで優勝
した後、高校2年生の頃、BALI島はULUWATUで開催されました
JPSAコンテストにてプロ公認を得た事により、アマチュアで
4回目の日本代表としての世界選手権(ブラジル)を蹴り、、
2000年よりJPSAツアーに参加しています。そして最高ラン
キング弟9位を初め、2003年にJPSAプロアマ・シリーズで
初優勝をGETした後、SURFING WORLD&SURF 1など、雑誌
にてカバーショットなど等の経験をさせて頂いてきている中、
これまでに経験、また知識として身についていなかった歴史的
な部分などがまた1つ、今回の取り組みによって日本全体のサ
ーフィング・カルチャーに対してだったり、また、のりしろの
部分が非常に感じられたので、とても自分に対してプラスとな
り、良い経験となりました!。この経験をこれから先々に生か
し、日本のサーフシーン発展、また自分としての成長にも力を
注いで生きたいと強く感じています☆。

今尚、東日本、そして風評被害により厳しい状況が続いていま
すが『苦しい時こそあきらめない』前進するものが勝利を収め
るをモットーに、PRO SURFERとしての活動を頑張って参りま
すので、いまこの状況の中、応援をしてくださるファンの皆様、
そして、それぞれスポンサーの皆様に感謝の気持ちを現すと同
時に、これからも変わらぬお付き合いを、宜しくお願い申し上
げたく思っております☆!!!!。


渡辺将人

2011年6月17日金曜日

2011年6月14日火曜日

東日本復興支援チャリティー

鴨川市から、日曜日に開催されました、東日本復興支援チャリ

ティー『元気鴨川』の、プロサーファーによるスペシャル・サーフ

ィン・スクールの模様をアップロードしたいと思います!!!!。











大先輩は小川直久プロを筆頭に、牧野優介プロ、渡辺将人




プロ(自分)、小川幸男プロ。そしてプロ・ロングボーダーから




は、石井ひろみちプロ、高梨敏行プロ、そしてサーフライダー




ファンデーションの方達の協力のもとに、初めてプロサーファー




として、行政からの依頼に貢献できる日が訪れた事を、嬉しく




思うと同時に、この場を作ってくださった皆様に感謝!!!。














僕自身も参加できた喜びと、なにより子供達が笑顔で楽しん




でくれたこと、そのためにチャリティーへ来てくださった、家族




の皆さん、おじいちゃん、おばあちゃん、そのすべての力が東




日本復興支援になります事を、強く、つよく願い祈っております。




また、この機会で出会えた皆様と、明るい未来を築いていける




様にがんばって行きたいと思います!!!!。













小川直久プロ、(直さん)とは数々の思い出があり、常に夢を




与えてくれている。そんな存在で今尚、この様に大人として、




プロサーファーとして、一人の人間として生きるすべを与えて




くれている、そんな存在。ここに並んでいる子供達の未来の




ために、いつか僕も、すべを与えられる人間を目指したい。













子供達は宝物。この子たちに勝る物なんて、なんにも無い。




いま僕達がやらなくてはいけない事は、『希望』を与えること




だと思う!。きっと何に対しても、『あきらめない』そのことを




証明すること。やれば出来るという事。たった一つの地球の




中にいる家族だって事。そこから生きる意味を、子供達が見




出してくれる生き方を、自分がすることなんだと感じています。












自分にできる範囲でいい。自分が得意なことでいい。自分に




できる事をすればいい。そんなに頑張らなくていい。笑顔の




連鎖それが基本!。人生はまさにサーフィンみたいですね^^。













僕のお袋は、今年で68歳になる。夏になると僕のウエットス




ーツを貴下ざしブギボーを抱きしめ水際を歩き、時にはすね




位の水位のところで波に引かれ、また押されて転がっている。




そんな事を始めたのは、海の前に引っ越してきた本当の話で




3年前くらいのこと。それからの事、身体の調子も気分も良さ




そうだ。そして、今年の夏には義理のおやじにもロングをゆっ




たりと教えるつもりです。












一瞬でも、サーフィンって言うものに引かれた人達には、その




中にある、奥深さを知っていただきたい。それはすべてに繋が




る物と、ぼくが確信しているから。まだまだ先の事にはなるだろ




うけど、僕が現役を引退したら、そんな生き方がしたいと思って




いる。一言つけたすとすれば、生涯現役がぼくの夢だけどね^^。




そんな、『くそ爺』に密かになってやろうと昔から胸に秘めている。


















家族が一刻も早く、安らぎを得れる日が来る事を祈っています。

PS//今週末は、学連の審査員(ジャッジ)を行います!。

2011年6月11日土曜日