2015年1月9日金曜日

Rehabilitation

本日はKameda medical centerにてRehabilitation

術後、約二ヵ月で、初めて松葉杖なしで通院が出来た。

まだまだ少量の痛みと、プレートとボルトの感覚が気になるが

しっかりと自分の身体の一部として受け入れる事が出来た。

当初は患足側20㎏までの加重が、診断で告げられていたが

作年の12月半ば過ぎには全荷重OK!のサインを主治医の先生

から報告を頂く。はじめは全荷重と言っても怖くて体重を乗せれず

苦労をしたが、徐々に力を抜く事を覚えて体重を、具合に応じて

かけられる様になった。Rehabilitationはストレッチから入り

可動域をそ測定し、その都度の経過を毎回チェックする。

その後はゴムチューブを使ったり、様々な手法でのトレーニング。

最高のPTとドクター、施設に恵まれている事に感謝です。

焦らず、丁寧、且つ的確に日々精進を致します。

ありがとうございます

感謝

0 件のコメント:

コメントを投稿