2015年12月5日土曜日

《近況報告》MW SURFBOARDS JAPANトレンド情報!

2015年、4月より新たにMW SURFBOARDS JAPANからスタートしたプロジェクト、Mr.X-shapeがいよいよ本格的に始動(スタート)した事をご報告させていただきます!。サーフボードを作り上げる工程のラミネート及びサンディング等は、歴史のある鴨川サーフボード工場《K,S,G》Kamogawa Surfboarads
Glassingでの匠なクラフトマン達による、工程と仕上げで製造となる運びとなりました。僕がボーイズからジュニア世代そしてプロ入り当初はすべて鴨川サーフボード工場仕上げで全国大会優勝に2回輝くことができて、さらには数多くの世界大会出場をしてきた時代の場所でもあることで、プロ入り巡り巡って、新たにMW SURFBOARDS JAPANと言うブランドを立ち上げて《K,S,G》に戻って来れたことをとても嬉しく思っています!

■Mr.X-shapeとは?
渡辺将人が幼少の頃、そしてプロ入りから日本のTOP10まで上り詰めるに当たり、約15年間の間、切磋琢磨して国内の公式試合から世界戦、世界中の波を追い求めてパイプラインからメキシコのビッグウエーブに様々のインド洋の海域までで心の底からサーフィンを楽しみ、ともに歩んでき
た本物、一流のサーフィンを求めるうえで心から信頼の置けるシェイパーなのです。それが新しいコードネームとなりMr.X-shapeとして新たにMW SURFBOARDS JAPANのメインシェイパーとなる。実にこの写真のモデルは2005年に開催された旧ASP(現WSL)WCTクイックシルバーイベントで日本代表として世界チャンピオンのマーク・オクルーポ(OCCY)に勝利を納めたモデルを現代の進化したテクノロジーを詰め込んだモデルです。あのケリー・スレーターと千葉のマリブポイントで対戦をするときに使用した、赤い日照ボードのデーターがここに時空を超えて登場した。日本人シェイパーでこれまでのストーリーは僕にとって誇りであり、サーフィンを楽しむうえで大きなエナジーを与えてくれています。今後は初心者から中級者の多くのサーファーが手軽に扱いやすく、フリーサーフィンのスタイルを楽しんでもらえるデザインのモデルを開発して『心の底からサーフィンを楽しめるサーフボード』を生み出し、『心の底からサーフィンを楽しむことが一番』をテーマにブランド展開を志しております。

■ごあいさつ
まだまだこれからのブランドですが一人でも多くのサーファーに乗っていただきたいと思いますので、ぜひ今後ともみなさまの応援とご協力のほど宜しくお願い致します。またこんなデザインのボードが欲しいなど提案とご要望が御座いましたら、一緒に個々のモデル開発などもお客様と作り上げていけたらとても面白いと思いますので、お気楽にMW SURFBOARDS JAPANへと集って頂けたらと存じ上げます。オーダー又ご相談は⇒℡&Fax0470-92-0195までお問い合わせくださいませ!FacebookなどSNSからのメッセージでも大丈夫です!

只今、ディーラー募集中!

                                                 渡辺将人

2015年12月4日金曜日

久々の投稿になります

ながら〜くブロガーブログのお休み申し訳ありませんでした〜。
これまでの近況はアメブロ、Facebook、インスタグラム、Twitterにてご覧頂けます。
ぜひ、最近の動きはそちらからチェックして見てくださいね〜。渡辺将人